博報堂DYメディアパートナーズ(DYMP)とWOWOW、イマジカ・ロボット ホールディングスは2018年2月2日、4K HDRの映像作品を外部サーバーから映画館まで公衆回線で伝送・蓄積して上映する実証実験を、2月8日にユナイテッド・シネマ アクアシティお台場で実施すると発表した。上映作品はSTU48「瀬戸内からはじめまして、」。

 実験は、ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズと映像配信高度化機構の協力で実施する。「導入済みの4Kシネマプロジェクターにもう1台を追加し、2台で同期させて使用することでの4K HDRの再現性の実証」と「安定的に大容量コンテンツを配信できる技術・インフラの技術仕様要件の整備」を目的とする。

実証実験の概要
(出所:発表資料)
[画像のクリックで拡大表示]

 併せて、「映画館における4K HDRの臨場感のある新しい映像体験が課金モデルとして受け入れられるかの検証」も実施する。実験は映像配信高度化機構の平成29年度実証事業の一環として行う。

 博報堂DYメディアパートナーズが実証実験の進行を統括、WOWOWがコンテンツ制作、イマジカ・ロボットが配信設備、ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズが上映設備を担当する。

 博報堂DYメディアパートナーズはチケット販売の課金モデルの検証も行う。

[発表資料へ]