ソニーは2018年2月2日、2017年4~12月期の連結決算(米国会計基準)を発表した。売上高は前年同期比15.7%増の6兆5929億円6100万円、営業利益は同266.8%増の7126億7600万円だった。

決算を発表する吉田憲一郎副社長兼CFO(最高財務責任者)
[画像のクリックで拡大表示]

 大幅増益の理由は、前年同期に映画分野で営業権の減損が1121億円発生したなどの特殊要因が存在したため。しかし、それらの要因を除いても、6684億円の営業利益があったと試算する。

 同時に、2018年3月期の通期予想を上方修正した。売上高は8兆5000億円と据え置いたが、営業利益を前回予想(2017年10月時点)から900億円増やし、7200億円とした。前回予想で織り込んでいたリスクを排除したため。前回時点で20年ぶりに最高益を更新する予想だったが、さらに上振れする見通しだ。