視聴行動分析サービスを提供するニールセン デジタルは2018年1月30日、日本における動画アプリの利用状況を発表した。スマートフォン視聴率情報の「Nielsen Mobile NetView(ニールセン モバイルネットビュー)」のデータを基に、2017年11月時点の数値を示した。

 利用者数をみると、無料動画アプリ(利用者数上位5サービス)は2年前の2015年11月に比べ48%増の3901万人となり、約1.5倍となった。有料動画アプリ(同)は2015年11月比154%増の568万人で、約2.5倍となっている。どちらの増加率も、スマートフォン全体の増加率(26%増)を上回ったという。

無料動画アプリと有料動画アプリの利用者数推移
(出所:ニールセン デジタル)
[画像のクリックで拡大表示]

 無料動画アプリの中で利用者数が最も多いのは「YouTube」で3617万人が利用していた。無料動画アプリ上位5位の中で最も利用者数の増加率が高かった「AbemaTV」の2017年11月時点の利用者数は、2016年同月に比べ55%増の553万人だった。AbemaTVの利用者の性年代構成を比較すると、2016年11月時点では男性の割合が過半数を占めていたが、2017年11月には女性の割合が51%にまで拡大している。

 有料動画アプリの利用者数の増加率に注目すると、「Amazon Prime Video」と「Netflix」が高い。Amazon Prime Videoは2016年11月から77%増加し300万人に、Netflixは99%増加し70万人となった。有料動画の上位5アプリの重複利用状況をみると、複数サービスを利用している人は10%で、一つのサービスだけを利用している人が90%と大半を占めた。

有料動画アプリの重複利用状況
(出所:ニールセン デジタル)
[画像のクリックで拡大表示]

[発表資料(PDF)へ]