KDDIは2018年1月29日、新しいIoTサービスの開発を可能にするAPI(アプリケーション・プログラミング・インタフェース)のマーケットプレイス「KDDI IoTクラウド API Market」を発表した。提供開始は1月30日。自社保有のデータやサービスをAPIを通じて提供する企業(APIプロバイダー)と、APIを利用して新しいIoTサービスを開発したい企業(API利用者)とをつなぐ。

 天気や地図、音声合成、画像認識など新サービス開発に役立つ60以上のAPIをラインアップする。自社でAPIを開発したり、外部のAPIを探して契約したりすることなく、用途に合ったAPIを選んでサービスを作れる。また、APIプロバイダーとAPI利用者は、相互に請求・支払を一元化できる。

 料金はAPIプロバイダー向けとAPI利用者向けを設定している。APIプロバイダーはAPI1種類につき年間2万5000円の「年間登録料」と、月のAPI売上金額に応じた手数料率が設定された「APIマーケット手数料」がかかる。API利用者はAPIプロバイダーが設定した「API利用料」がかかる。

 KDDIはAPIプロバイダーと、APIを活用した新サービス開発に積極的に取り組んでいく。2018年3月からウェザーニューズと共同で、気象予測と作業現場の気象情報を組み合わせた安全管理ソリューションの実証実験を始める。

「KDDI IoTクラウド API Market」の概要
(出所:KDDI)
[画像のクリックで拡大表示]