楽天と米ウォルマート・ストアーズは2018年1月26日、日本と米国における事業提携を発表した。2018年9月をめどに日本でネットスーパー事業を共同で運営する。2018年内には米国内でウォルマートが実店舗や通販サイト「Walmart.com」で「楽天 Kobo」の電子書籍や電子書籍リーダーを販売する。

左から、楽天の三木谷浩史会長兼社長、米ウォルマート・ストアーズ・インクのダグ・マクミロン社長兼CEO(最高経営責任者)
[画像のクリックで拡大表示]

 日本のネットスーパー事業は、ウォルマートの子会社である大手スーパーの西友と楽天が新会社を設立し、「楽天西友ネットスーパー」として運営する。ネットで商品を注文すると西友の実店舗から配送するほか、ネットスーパー専用の配送センターを設ける。生鮮食品や日用品に加え、カット野菜や半調理食品の品揃えを増やす。

 楽天 Koboについては、米国内の量販店としてウォルマートが独占販売する。電子書籍やオーディオブック約600万作品をWalmart.comを通じて提供する。