パナソニックは2018年1月25日、モバイルノートパソコン「レッツノート(Let's note)」の春商戦向けモデル4機種を発表した。主力である12型液晶ディスプレイ内蔵機種を刷新し、クアッドコア(4コア)のCPUを内蔵した「SVシリーズ」を新たに投入する。発売は2月16日。

4コアCPUを搭載した12型の新機種「レッツノート SVシリーズ」
(出所:パナソニック)
[画像のクリックで拡大表示]

 SVシリーズは従来機種「SZシリーズ」の後継。SZシリーズのCPUはデュアルコア(2コア)のみであったが、冷却ファンや放熱フィンの形状見直し、きょう体内の空気の流路見直しなどにより4コアCPUを内蔵可能にした。「従来機種ではビデオ会議をしながら業務ソフトを動かすなどした場合に動作が遅くなることがあったが、SVシリーズではそうした高負荷の使い方でも快適に動作する」(パナソニック)としている。

 CPUの4コア化などによりきょう体内のプリント配線基板が従来機種より大きくなったため、光学ドライブの内蔵スペースはHDDと共用とし、HDD内蔵モデルは光学ドライブ非搭載とした。ただ、「光学ドライブの利用は以前に比べだいぶ減っているものの、まだ完全になくす状況にはない」(パナソニック)として、SSD内蔵モデルは従来機種と同様に光学ドライブを内蔵する。

 店頭販売モデルは内蔵SSD/HDDの種類・容量や付属バッテリーの種類、OSの種類などにより6モデルを用意する。CPUはCore i7-8550U(1.8G~4GHz)またはCore i5-8250U(1.6G~3.4GHz)。標準の「バッテリーパック(S)」を使う場合、バッテリー駆動時間はHDD内蔵モデルで約11時間、SSD内蔵モデルで約14時間。大容量の「バッテリーパック(L)」を使うと、SSD内蔵モデルで約21時間の連続駆動が可能だ。重さは999~1124g。価格はオープン。予想実売価格は税別22万5000円前後~32万円前後。

 併せて同社はSVシリーズのWeb直販モデルも2月23日に発売する。メインメモリー16GB、内蔵SSD1TB、ブルーレイドライブなど店頭販売モデルより高性能のモデルを用意する。

 SVシリーズ以外に、12型のキーボード着脱型タブレット「XZシリーズ」、10.1型の「RZシリーズ」、14型の「LXシリーズ」も春商戦向けモデルを発売する。