ネットワークのモニタリングサービスを手がける米サウザンドアイズは2018年1月19日、日本法人のサウザンドアイズ・ジャパンを設立したと発表した。日本法人は「営業や普及活動、技術サポートなどを手がける。既にネットワンシステムがパートナーとしてサービスを販売しており、2018年内にさらに数社のパートナー獲得を目指す」(サウザンドアイズ・ジャパンの尾方一成カントリーマネージャー)。

サウザンドアイズ・ジャパンの尾方一成カントリーマネージャー(左)と、米サウザンドアイズのアレックス・ヘンソーン-イワネ製品マーケティング担当バイス・プレジデント(右)
[画像のクリックで拡大表示]

 日本法人は同日、都内で記者説明会を開き、サービスの概要や特徴などを紹介した。サウザンドアイズのサービスは主にクラウドサービスを使う企業向けに提供している。従来のネットワークモニタリング手法は自社所有インフラを可視化できるものの、インターネットのモニタリングは難しいという課題があった。サウザンドアイズのモニタリングサービスは、ICMP(Internet Control Message Protocol)やTCP(Transmission Control Protocol)などの標準技術を独自の手法で用いて、企業内ネットワークからインターネット、クラウドサービスのネットワークまで一気通貫のモニタリングを実現している。

 モニタリングにはエージェントソフトを使い、エージェントから一定間隔で監視対象のWebサイトなどにアクセスしてモニタリングする。サウザンドアイズは世界150カ所以上にエージェントソフトを配置・運用しているほか、利用企業向けにPCやルーターで動かせるエージェントソフトを提供している。米サウザンドアイズのアレックス・ヘンソーン-イワネ製品マーケティング担当バイス・プレジデントは「モニタリングにより、パケットロスや遅延、パスの変更、DDoS攻撃とその影響などを可視化できる」と説明した。

 サービス料金はパートナーが決める。目安として、米国における料金は月額949ドルから(直販の場合)となっている。

ThousandEyesのスナップショットデータ
(出所:サウザンドアイズ・ジャパン)
[画像のクリックで拡大表示]