ケイ・オプティコムは2018年1月18日、MVNOサービス「mineo」に関する事業説明会を開催し、国内SIMフリー版「iPhone 7」の発売など新施策について説明した。説明会には上田晃穂経営本部 モバイル事業本部グループ グループマネージャーが登壇(写真1)。mineoの最新状況について、「100万回線を目指し、順調に推移している。現在は約90万回線だ」と好調を語った(写真2)。100万回線の達成時期については「2018年3月末ぎりぎりを考えている」との見通しを示した。

写真1●ケイ・オプティコム 経営本部 モバイル事業本部グループ グループマネージャーの上田晃穂氏(写真左)
(撮影:山口 健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●契約数は約90万回線に到達
[画像のクリックで拡大表示]

 業界内シェアも拡大しており、MM総研の調査では2017年9月末のシェアが8.2%で第4位となったことを挙げ、「トップを見据えたポジションにいる」(上田氏)とした(写真3)。

写真3●2017年9月末のシェアは8.2%
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!