スカパーJSAT子会社の衛星ネットワーク(SNET)は2018年1月17日、ドローンの撮影映像を活用して農産物の育成状況を可視化する「SNET画像処理クラウドサービス」の提供を開始したと発表した。

 SNET画像処理クラウドサービスは、農産物生産者などの利用者がドローンを使って農作地上空から撮影した画像をSNETがサーバー経由で受け取り、植生指数データに変換して提供するサービスである。植生指数データは植物の活性度の指標とされており、このデータの活用により利用者は簡易に農産物の育成状況を把握し、肥料や農薬を効率的に散布するスマート農業を実現できるという。

 SNETが提供する植生指数データはマルチデバイスでの閲覧に対応しており、スマートフォンやタブレット、パソコンなどで利用できる。月額数万円から利用できるため、小規模でスマート農業を始めてみたい生産者から、高効率な生産を本格的に目指す生産者まで、幅広いニーズに対応できるとしている。

SNET画像処理クラウドサービスおよびスカパーJSATグループが提供する他のドローン関連サービスの概要
(出所:衛星ネットワーク)
[画像のクリックで拡大表示]

 SNETは、スカパーJSATグループでドローン製造事業者であるエンルートと共に、農業・測量分野におけるドローンの機体販売や、各種サービスの提供を進めている。今回のSNET画像処理クラウドサービス開始により、スカパーJSATグループにおいて、ドローン機体の製造や提供、操作講習からサービスの開発、提供までをワンストップで提供できる体制が整ったという。

[スカパーJSATと衛星ネットワークの発表資料へ]