三井住友カードは米国時間の2018年1月8日、米国ラスベガスで開催中の「CES 2018」で、世界初となるロック機能付きクレジットカードを発表した。2018年中にも日本市場に投入する計画だ。利用の度に、クレジットカードに搭載したタッチボタンで暗証番号を入力しなければ決済機能が起動しない仕組み。セキュリティの向上を目指す。

三井住友カードが発行する予定の新クレジットカード
[画像のクリックで拡大表示]

 カード事業などを手掛ける米ダイナミクスの技術提供を受け、Visa加盟店向けの新クレジットカード提供に乗り出す。新クレジットカードは、液晶および番号入力のためのタッチ式ボタンを搭載している。利用時は、ユーザーがあらかじめ設定したパスワードを入力すると起動。磁気ストライプやICチップにカード情報を書き込むと共にカード番号を液晶に表示することで、店頭決済やEC(電子商取引)決済で使用可能になる。

 決済が完了すると、磁気ストライプなどの機能は停止し、カード番号も表示されなくなる。第三者がカードを盗むなどしても、パスワードを知らないと使えないため、セキュリティ向上につながるという。

 日本におけるクレジットカードの不正利用は増加傾向にある。日本クレジット協会によれば、2016年の被害額は約140億円。2012年の約2倍の水準に達している。