総務省は2017年1月4日、IoT(インターネット・オブ・シングス)デバイス向けに、M2M(マシン・ツー・マシン)専用の電話番号として020番号帯を用意したと発表した。このために必要な法律の改正を1月1日付で施行した。これを受けて、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクは、2017年10月から020番号帯の利用を開始すると発表した。

020番号の対象となるM2M通信の範囲
(出所:総務省)
[画像のクリックで拡大表示]

 020番号帯は、IoTデバイス同士のM2Mデータ通信用途に特化した電話番号である。原則としてパケット通信を対象としており、ユニバーサルサービスの負担金は不要となる。利用のための要件として、「第一種指定電気通信設備との間で呼の接続を行わないこと」と「電波法に基づく基地局の無線局免許を有すること」の二つが定められている。

 割り当てられる020番号は、020-0と020-4を除いた、020-1~3、または020-5~9で始まる番号である。既にM2M用に契約している090/080/070番号は、そのまま利用を継続できる。ただし、090/080/070番号については引き続きユニバーサルサービスの負担金がかかる。