日本オラクルは2017年1月6日、データ分析・可視化サービス「Oracle Data Visualization」から、スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末の音声アシスタントで必要なビジネスデータを導き出せるセルフサービスBI機能「BI Ask」を、クラウドサービス「Oracle Data Visualization Cloud Service」に追加したと発表した。

(出所:日本オラクル)
[画像のクリックで拡大表示]

 BI Askは、Oracle Data Visualizationオンプレミス版に搭載する機能で、今回クラウド版でも提供開始した。外出中の営業担当者、工場や工事現場の監督者、小売店の受発注担当者などが、iOSおよびAndroid端末に話しかけるだけで、売り上げ、顧客数、工場稼働状況、在庫数などを集計したデータの確認だけでなく、様々な切り口での分析データを表示できる。

(出所:日本オラクル)
[画像のクリックで拡大表示]

 例えば、飲料メーカーの営業担当者が「売り上げ、神奈川、飲料」と話しかけることで「神奈川県の飲料に関する売り上げデータ」を数種類のビジュアルで表示し、関連情報として「製品カテゴリー」「販売数量」別のデータ分析も表示できる。統計に関する専門知識やスキルを持たない業務部門のユーザーが、様々なビジネスデータをリアルタイムに可視化・レポートするセルフサービスBIの取り組みを支援する。

(出所:日本オラクル)
[画像のクリックで拡大表示]

 Oracle Data Visualization Cloud Serviceの価格は、1ユーザー当たり月額9000円(5ユーザーから)。なお、BI Askのモバイル端末での利用は、当初はWebブラウザー経由となり、今後アプリ版を提供する予定。

「Oracle Data Visualization Cloud Service」のサービス紹介 
日本オラクルのWebサイト