アマゾンジャパンは2016年12月6日、神奈川県川崎市にある物流拠点「アマゾン川崎FC(フルフィルメントセンター)」に、倉庫内で商品棚を運ぶ自走式ロボット「Amazon Robotics」を導入したと発表した。アマゾン川崎FCは国内13カ所目の最新の物流拠点で、国内では初めてAmazon Roboticsを導入している。米国では既に複数拠点でAmazon Roboticsが稼働中だ。

川崎FC内で商品棚を運ぶ「Amazon Robotics」
(出所:アマゾンジャパン)
[画像のクリックで拡大表示]

 Amazon Roboticsは可動式の商品棚と、商品棚を動かす「ドライブ」から成る。商品棚の最大積載重量は約340キログラム、ドライブの重量は約145キログラムだ。ドライブは秒速約1.7メートルで動く。入荷商品の棚入れや、顧客が注文した商品の棚出し工程を担う。自動的に従業員の元に棚を搬送することで、商品入荷から出荷までの工程処理時間の短縮や、効率化を可能にする。

 アマゾンジャパンで物流およびカスタマーサービス事業を統括するジェフ・ハヤシダ社長は、「Amazon Roboticsの導入により、年々注文が増えている『サイバーマンデーウィーク(年末に向けて実施する1週間のセール、2016年は12月6日から12日まで開催)』でも、より高い配送品質で商品を届けられる」とコメントしている。