ハギワラソリューションズは2016年11月29日、2.5インチフォームファクターにmSATAタイプSSDを2個搭載した「2.5インチミラーSSD」を12月に発売すると発表した。使用中の2.5インチHDDやSSDと入れ替えるだけでRAID1(ミラーリング)を構築できる。価格はオープン。

2.5インチミラーSSD
(出所:ハギワラソリューションズ)
[画像のクリックで拡大表示]

 SATA Gen 3(6.0Gbps)接続に対応したRAIDユニットで、接続システムのOSやBIOSに依存せずにRAID環境を構築できる。片方のmSATA SSDが故障しても、もう一方のmSATA SSDのみで連続稼働が可能。また、故障したmSATA SSDをスペアー品に差し替えるだけで、RAIDシステムを自動的に再構築する「オートリビルド」にも対応した。

 RAIDを運用するための専用ツール「RAID Manager」を無償提供する。RAID状態の確認やリビルドの情報などを確認できるほか、mSATA SSDのS.M.A.R.T.情報なども取得できる。また、同ツールは、顧客ソフトへの組み込みを可能にするAPI形式でも提供する予定。

 ラインアップは、24nm世代のSLC(Single-Level Cell)を搭載する「RFD2HS」シリーズが容量7/15/30/60Gバイト。15nm世代のQ-MLC(独自の制御機能で書き換え寿命を10倍向上させたMulti-Level Cell)を搭載する「RFD2XS」シリーズが容量15/30/60/120Gバイト。15nm世代MLCを搭載する「RFD2LS」シリーズが容量30/60/120/240Gバイト。

ハギワラソリューションズのWebサイト