トランスコスモスは2016年11月4日、LINEが運営するコミュニケーションアプリ「LINE」のトーク画面上で商品の選択から注文・決済まで完結するソフトを2016年12月から提供すると発表した。月額利用料金は50万円(税別)からで初期費用が別途必要。

LINEトーク画面上での商品購入の例
(出所:トランスコスモス)
[画像のクリックで拡大表示]

 「メッセンジャーアプリECサービス(E-Commerce Service for Messaging Apps)」を提供する。顧客企業のECサイトとLINEアカウントを連携し、LINEトーク画面上でECに必要な機能をワンストップで提供する。

 ブレインパッドが提供する、レコメンドエンジンを搭載したマーケティング用途のデータ基盤「Rtoaster」を組み込んだ。購入や問い合わせの履歴を活用し、顧客のニーズに応じたおすすめ商品を紹介したりリピート購入を促したりする。例えば、定期購入している商品を適切なタイミングでLINEのリッチメニューに表示させる。これにより、顧客はECサイトを訪問せずに商品購入できるという。

 加えて、米リプライのbot(自動応答プログラム)構築用プラットフォーム「Reply.ai」とも連携し、LINEトーク画面上で顧客からの問い合わせに自動応対する機能を備えた。必要に応じて、オペレーターの直接サポートにも切り替えられる。

botによる自動応対の例
(出所:トランスコスモス)
[画像のクリックで拡大表示]

トランスコスモスのWebサイト