トレンドマイクロは、2016年10月19日~21日まで東京ビッグサイトで開催中の「ITpro EXPO 2016」に出展し、工場向けのセキュリティソリューションを展示している。

 IPS(侵入検知システム)の「TippingPoint Threat Protection System」、振る舞いから標的型攻撃やゼロデイ攻撃を見つける「Deep Discovery Inspecor」など6製品を組み合わせて、既存設備の可用性に影響を与えず工場を守るソリューションである。

 組み合わせた6製品の中には、工場特有のものもある。その一つはUSBから起動し、インストールが不要のウイルス対策ソフトである「Trend Micro Portable Security 2」。工場は一般企業よりも特定用途端末が多く、新たにアプリケーションをインストールすると最初から動作しているアプリケーションがサポート対象外になるケースもある。この製品はそのような特定用途端末で使うためのもの。

写真●「Trend Micro Portable Security 2」のデモの様子
[画像のクリックで拡大表示]

 ブースでは、工場向けソリューションの説明を聞くことができる。またTrend Micro Portable Security 2や、パターンファイル更新が不要で、ファイル単位で起動制御を実施する「Trend Micro Safe Lock」のデモを見ることができる。