東京ビッグサイトで2016年10月19日から21日まで開催されている「ITpro EXPO 2016」で、パナソニック ネットソリューションズは業務プロセスを効率化するワークフローシステム「Major Flow」を出展した。勤怠管理や経費精算といった帳票の作成や、各種申請のワークフローの一元管理が可能になる。複数の機能を連携させることで業務の効率化を図れるという。

パナソニック ネットソリューションズの出展ブース
[画像のクリックで拡大表示]

 Major Flowは、同一プラットフォーム上で複数の業務アプリケーションを動かす。これにより、個別に操作した情報を、連携するアプリケーション間で連携して扱える。例えば、経費精算で品目や金額の入力を半自動化し、さらに仕訳やファームバンキングデータを出力することで会計ソフトや銀行のオンラインシステムと連携が可能だ。

複数の機能を一元管理するユーザーインタフェースの画面
[画像のクリックで拡大表示]

 管理者にとっては、勤怠や経費など多くの申請書類を同一の形式で管理できる利点がある。そのため、書類の承認過程がどの段階まで終了したかといった“見える化”も進む。