シーティーシー・エスピー(CTC SP)は、2016年10月19日~21日まで東京ビッグサイトで開催中の「ITpro EXPO 2016」で、標的型対策などに関するセキュリティソリューションを展示している。

シーティーシー・エスピーが標的型対策ソリューションを展示
[画像のクリックで拡大表示]

 同社のセキュリティソリューションは、様々なセキュリティベンダーの製品を組み合わせたものである。例えば標的型攻撃に対しては、内部、入口、出口での対策が重要だという。内部対策としては、デジタルアーツのメール無害化製品「m-FILTER」と、VOTIRO社が開発しアズジェントが扱うファイル無害化製品の「Secure Data Sanitization」を用意。入口対策はフォーティネットのサンドボックス製品「FortiSandbox」、出口対策はデジタルアーツのWebフィルタリング製品「i-FILTER」やフォーティネットのUTM「FortiGate」が備えるフィルタリング機能を組み合わせる形となる。

 CTC SPのブースでは、企業向けオンラインストレージに保存するファイルを保護するソリューションなども紹介している。