エーエスピーコムは開催中のITpro EXPO 2016で、同社の看板製品である営業支援システムの最新版「InfAjast-ES3.2」を発表、即日提供を開始した。最新版で追加した新オプション「KPIシート」などを、ITpro EXPO 2016会場でデモ展示している。

図●InfAjast-ES3.2の「KPIシート」の一例
[画像のクリックで拡大表示]

 KPIシートとはスプレッドシート状の画面で、顧客ごとに商談状況の把握に必要な様々な情報をまとめて共有できるようにしたもの。どんな項目を共有するかは、シートごとに自由に設定できる。画面の例のように、初回訪問、2回目訪問、上司同行、事前準備といったステップごとの実施状況や、実施日の一覧、並べ替えや絞り込みなどが簡単にできる。各KPIシートについて、グループ単位や個人単位でアクセス権を設定できる。

 InfAjastは「ベース機能」と呼ぶ部分とオプション機能とからなる。ベース機能はメール、掲示板、スケジューラ、電子会議など、いわゆるグループウエア機能を提供。オプション機能として、案件管理、地図連携、ワークフロー、顧客管理、日報管理、勤怠管理などの機能を提供する。