東京ビッグサイトで2016年10月19日から21日まで開催されている「ITpro EXPO 2016」で、国際航業は屋内外での位置情報測定サービスを紹介した。スマートフォンやビーコン、各種センサーを利用して、GPS(全地球測位システム)が使用できない工場や店舗内でも人や物の動きを把握する技術を提供する。業務の効率化や顧客の行動分析などに役立てたいとする。

国際航業の位置情報サービスを紹介するブース
[画像のクリックで拡大表示]

 同社はGPSに加え、Wi-Fi、BLE(Bluetooth Low Energy)、PDR(自律航法)などの各種測位技術を用いて、対象の位置を把握する。位置や滞在時間などの情報を組み合わせて地図に落とし込むことで、行動の見える化や分析を可能にする。

さまざまな測位技術と活用事例
[画像のクリックで拡大表示]

 また、位置情報とウエアラブル機器とを組み合わせて、遠隔作業支援に活用する取り組みも紹介した。メガネにカメラを取り付けて現場の作業者の視界データを事務所にいる管理者や技術者へ送ることで、作業を把握したり、指示を送ったりできるようになるという。

行動情報の見える化の例
[画像のクリックで拡大表示]