ソフォスは、2016年10月19日から21日まで東京ビッグサイトで開催されている企業向けITソリューションの総合展示会「ITpro EXPO 2016」で、ランサムウエアを含むマルウエア(悪意のあるソフトウエア)対策製品を展示・デモしている。ランサムウエアとは、感染させたPCのデータを暗号化したり、PCをロックしたりして、ユーザーのデータを人質に取り、身代金を要求するマルウエアである。

マルウエアに感染した根本的な原因を表示している様子
[画像のクリックで拡大表示]

 ソフォスのブースでは、マルウエア対策製品の「Endpoint Protection Advanced」やランサムウエア対策製品の「Intercept X」などを展示・デモしている。デモではこれらと連携して、ソフォスのクラウドベースの管理コンソールが表示する、一連の攻撃を構造図で示す画面などを確認できる。構造図はどの端末が感染し、どの端末を攻撃しているのか、影響を受けるファイルはどれか、などが可視化されている。

 ブースでは、モバイル端末向けのセキュリティ対策のデモも行っている。