写真●日本取引所グループ
[画像のクリックで拡大表示]

 日本取引所グループ(JPX)と野村総合研究所(NRI)は2016年4月7日、株式市場におけるブロックチェーン技術の適用に関する実証実験を開始すると発表した(写真)。野村証券、SBI証券、三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)なども参加する。NRIは2015年10月~2016年1月の期間、野村証券と共同で同技術の実証実験を手掛けおり、今回は第2弾という位置付けだ。より実際の証券取引に近い適用シーンでの有効性や課題を評価する。

 NRIが野村証券と実施した第1弾の検証では、株主名義などの情報管理をブロックチェーン上で行うことを想定したものだった。その結果、改ざんが困難な形での情報管理が可能であることや、関係者間での照合業務を不要にできることを確認したという。

 今回、JPXとNRIが想定するのは、株式を売買した際の株主名義や株式数といった情報変更に関わる処理だ。実証実験の期間は、2016年4月7日~2016年6月末までの約3カ月間。具体的な適用要件を洗い出す作業は、野村証券、SBI証券、MUFGが協力する。ブロックチェーン技術の開発・実装は、第1弾の実証実験と同じくカレンシーポートが担う。