Photo: Business Wire
[画像のクリックで拡大表示]

 大手テーマパーク運営の米Six Flags Entertainmentは現地時間2016年3月3日、韓国Samsung Electronicsの米国法人と仮想現実(VR)分野に関して提携したと発表した。Six Flagsは、Samsungと米Facebook傘下の米Oculus VRが共同開発したVRヘッドマウントディスプレイ(HMD)「Gear VR」を一部の人気ローラーコースターに導入する。

 提携のもと、SamsungはSix Flagsの公式技術パートナーとなり、広範なマーケティングで協力する。Six Flagsは今月から夏にかけて、米国の9カ所のテーマパークでGear VRを用いたVRローラーコースターを展開する。

 VRローラーコースターの利用客は、Gear VRを装着して搭乗する。急降下や宙返り、回転などの動きに合わせて360度の映像がGear VRのディスプレイに映し出され、没入的なVR体験を楽しめるとしている。

 またSix Flags社長兼最高経営責任者(CEO)のJohn Duffey氏は、2016年にVRローラーコースターを含め、昨年より2倍の数の新しいローラーコースターやアトラクションを導入する計画を明らかにした。

[発表資料へ]