NECパーソナルコンピュータは2016年1月6日(現地時間)より米ラスベガスで開催中の「CES 2016」において、「LAVIE Hybrid ZERO」の開発中の試作機を参考出展した(写真1)。

写真1●「LAVIE Hybrid ZERO」新モデルの試作機
[画像のクリックで拡大表示]

 LAVIE Hybrid ZEROの前モデルは、13.3型のクラムシェルノートPCとして最軽量(約779g)を実現していた。これに対してCES 2016で公開した試作機は、画面サイズが11.6型で、タブレットとしてもノートPCとしても使える脱着型の2-in-1機構を採用する。OSはWindows 10で、本体カラーはブラックとシルバーの2色を公開した(写真2)。

写真2●前モデルとは異なり脱着型になった
[画像のクリックで拡大表示]

 タブレットはキーボードと専用コネクターで物理的に接続する。タブレットを手に持って引き上げると取り外せる仕組みで、着脱はスムーズ。NECによればタブレットの重量は500g以下、キーボード装着時でも1kg以下としている。手に持ってみたときの感触では約779gの前モデルに近い軽さだった(写真3)。

写真3●前モデルに近い重量感を実現
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!