写真1●MT-WN1001
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●WN802
[画像のクリックで拡大表示]

 マウスコンピューターは2015年12月18日、Windows 10搭載タブレット型パソコンの予約販売を同日開始したと発表した。10.1型「MT-WN1001」と8.0型「WN802」の2機種で、いずれも価格はオープン。12月25日以降、順次出荷開始する。

 両機種ともインテルAtom x5-Z8300と2Gバイトのメインメモリーを搭載。液晶パネルはIPS方式で解像度はWXGA(1280×800ドット)、10点マルチタッチに対応する。ワイヤレス機能はIEEE 802.11b/g/nとBluetooth 4.0。

 MT-WN1001は、64Gバイト eMMCストレージを搭載(写真1)。バッテリー駆動時間は約6.7時間。ノートPCのように使えるマグネット着脱式の86キー日本語キーボードカバーが付属する。本体寸法は幅259.5×奥行き174×高さ10mm(本体のみ)。重さは約598g(本体のみ)、約928g(キーボードカバー含む)。直販価格(税別、送料無料)は3万8980円。

 WN802は、32Gバイト eMMCを搭載し、バッテリー駆動時間は約5.2時間(写真2)。キーボードカバーは付属しない。本体寸法は幅210×奥行き121.5×高さ9mm、重さは約314g。直販価格は2万5980円。

 OSはWindows 10 Home。「Microsoft Office Mobileプラス Office 365サービス」(1年分)が付属する。

「MT-WN1001」の製品情報
「WN802」の製品情報
マウスコンピューターのWebサイト