画面●「Emotion API」のデモサイト
[画像のクリックで拡大表示]

 米Microsoftは現地時間2015年11月11日、顔認識技術を利用した新しいツール「Emotion API」の公開ベータ版を開発者向けにリリースしたと発表した。同社で機械学習や人工知能(AI)に取り組むチーム「Project Oxford」が手がけるツールで、写真に写った顔の表情から感情を判断する。

 同ツールのデモサイトでは、画像に含まれる顔を認識し、8つの主要な感情要素である「怒り」「軽蔑」「恐れ」「嫌悪」「幸福」「中間」「悲しみ」「驚き」を数値化する。数値が高いほど、その感情が強いことを意味する。同サイトで任意の顔写真をアップロードして分析することもできる。ただし「認識は試験的なもので、常に正確というわけではない」としている。

 Microsoft技術および調査部門担当上級プログラムマネージャーのRyan Galgon氏は、同ツールの導入方法として、店舗のディスプレイや食べ物を見た人の反応を測定するマーケティングシステムや、メッセージアプリケーションでユーザーが投稿する写真を認識する機能といったアイデアを挙げた。

 またMicrosoftは、Emotion APIのほかにも、機械学習およびAIをベースにした一連の開発者向けツールを年内にベータ公開する計画を明らかにした。スペルチェック、動画解析、話者認識などに関するツールが含まれ、開発者は期間限定で無料試用できる。

[発表資料へ]