写真●国立情報学研究所(NII)の新井紀子教授(写真:井上 裕康)
[画像のクリックで拡大表示]

 「ロボットがもし東大に入れなかったとしても、コンピュータがホワイトカラーの仕事を奪っていくのは間違いない。(東大合格を目指す)『東ロボ君』の大学入試偏差値が『55』になるか『60』になるかで、失われる仕事のタイプを予見することが可能だ」――。

 「ロボットは東大に入れるか」プロジェクトを指揮する国立情報学研究所(NII)の新井紀子教授(写真)は2015年3月12日、「Cloud Days Tokyo/ビッグデータEXPO/スマートフォン&タブレット/Security/IoT Japan」の講演でこのように語り、「東ロボプロジェクト」の意義について説明した。

 コンピュータや人工知能がホワイトカラーの仕事を奪うことになるという問題意識は、「Race Against The Machine(邦題:機械との競争)」が2011年(日本では2013年)に発行されてベストセラーになることで、一般的になったとされる。しかし新井教授はそれより1年前の2010年末に「コンピュータが仕事を奪う」という著書を発行し、社会に警鐘を鳴らしていた。

 ところが新井教授の「コンピュータが仕事を奪う」は、全く売れなかったのだという。「当時は人工知能に対する期待が最も低い時期で、『コンピュータが仕事を奪う』は書店でもコンピュータ書の場所に置かれていて、注目を浴びなかった。これは必ず起こる未来なのに、政治家もビジネスマンも誰もそのことを認識していないことに強い危機感を覚えた」。新井教授は当時をそう振り返る。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら