米Microsoftは2015年1月30日(現地時間)、WindowsサーバーOS次期版およびサーバー管理ソフトウエア次期版を2016年に提供すると発表した。Microsoftは多くの場合、WindowsのクライアントOSとサーバーOSを同時期に提供していたが、次のWindowsサーバーOSについてはWindows 10と提供時期がずれることになる。

 WindowsサーバーOS次期版およびサーバー管理ソフトウエア「System Center」次期版の提供時期に関する情報は、Microsoft Server and Cloud Platform Teamがブログで明らかにした。2015年内はそれぞれについてプレビュー版を提供する。次のプレビュー版は2015年春の提供を予定しているという。

 WindowsサーバーOSとWindowsクライアントOSの提供開始時期がずれた例としては、Windows Server 2003とWindows XPがある。このときは、Windowsのセキュリティ問題がクローズアップされ、包括的なセキュリティ機能の強化が行われた。