MVNO推奨意向
(出所:MM総研)
[画像のクリックで拡大表示]

 シンクタンクのMM総研は2016年6月28日、国内におけるMVNOの利用状況に関する調査結果を発表した。MVNO利用者を対象に、購入後の利用満足度について「23項目+総合満足度」を5段階評価で質問したところ、「大変満足」「やや満足」の合計総合満足度は62.7%。23項目で満足度が最も高かったのは「月額費用」の87.4%、次いで「データ容量」69.0%、「初期費用」65.5%、「回線速度」65.2%、「回線安定性」64.1%の順となった。

 同社では、MVNOの他人への推奨度についても調査。「勧めたい」が67.9%となり、「勧めたくない」5.5%の10倍以上だったという。

 同社はMNOとMVNOとの比較調査も実施した。全23項目について「今のMVNOで満足」、「価格が安いので今のMVNOでも納得できる」、「どちらともいえない」、「価格が高くてもキャリアの方がよかった」の4段階評価で質問した。その結果、すべての項目で「今のMVNOで満足」が「価格が高くてもキャリアの方がよかった」を上回った。「価格が高くてもキャリアの方がよかった」は5%未満にとどまった。同社では、MVNOでは通信料が安価に設定されているデータ通信が注目されているが、音声プランに関してもMVNOで満足しているユーザーが半数を超えていると分析した。

 事業者別の満足度では最も高い事業者は「mineo」の71.6%。次いで「BIGLOBE」68.8%、「IIJ mio SIM」の68.7%の順だった。

MM総研の発表資料へ