写真●ヤマト運輸は2014年9月26日、約1万件の不正ログインを受けたと発表した
[画像のクリックで拡大表示]

 ヤマト運輸は2014年9月26日、運営する会員制Webサービス「クロネコメンバーズ」が特定のIPアドレスから約1万件の不正ログインを受けたと発表した(写真)。他社サービスから流出した可能性のあるIDとパスワードを用いてログインする「リスト型攻撃」によるものとしている。ヤマト運輸は緊急の措置として、特定のIPアドレスからのログインを遮断するなどの対策を講じた。

 不正ログインの件数は26日17時の時点で、1万589件。不正ログインの試行件数は約19万件だという。今回の攻撃で、登録する顧客の個人情報が閲覧された可能性がある。

 閲覧された可能性のある項目は、クロネコID、メールアドレス、PCやスマホなどの利用端末の種別、氏名、氏名のふりがな、電話番号、性別、郵便番号、住所。個人情報が閲覧された可能性のある顧客に対しては、個別に対応策を案内するとしている。