iPhone 6とiPhone 6 Plus
[画像のクリックで拡大表示]

 米Appleは現地時間2014年9月15日、最新スマートフォン「iPhone 6」および「iPhone 6 Plus」の予約注文数が24時間で400万台を突破したと発表した。歴代iPhoneで最速だとしている。

 4.7インチのiPhone 6と5.5インチのiPhone 6 Plusは9月9日に発表され(関連記事:Appleが噂どおりに「iPhone 6」2モデル発表、スマートウオッチ「Apple Watch」も)、9月12日に予約受付を開始した。

 Appleによれば予約台数は用意した初回出荷分を大きく上回り、9月19日より引き渡しを開始するものの、多くの予約注文分は10月出荷になる見込みという。

 Apple直営店や提携キャリアの店舗で9月19日午前8時に店頭販売を開始するが、購入希望者には早めに店舗に行くことを同社は勧めている。

 現時点で、米国AppleオンラインストアのiPhone 6出荷予定は「7~10営業日」、iPhone 6 Plusは「3~4週間」と表示される。日本のサイトでは両モデルとも「3~4週間」となっている。

 iPhone 6およびiPhone 6 Plusは、まず米国、オーストラリア、カナダ、フランス、ドイツ、香港、日本、プエルトリコ、シンガポール、英国の10カ国・地域でリリースし、9月26日にさらに20カ国・地域以上に拡大する。年内に115カ国・地域で展開する予定。

 2012年9月に発売した「iPhone 5」は予約受付から24時間の注文台数が、「iPhone 4S」の2倍となる200万台に達した(関連記事:「iPhone 5」の予約が24時間で200万台を突破、iPhone 4Sの2倍)。2013年9月発売のモデルについては、「iPhone 5s」は予約受付を行わず、「iPhone 5c」のみの予約台数を100万台とアナリストらは推計していた(関連記事:予約初日の「iPhone 5c」注文台数は約100万台、アナリストの見解を米メディアが報道)。

 なおAppleは、発売後3日間におけるiPhone 5sと同5cの合計販売台数が900万台を超えたと公表している(関連記事:「iPhone 5s」と「iPhone 5c」、発売後3日間の販売台数が900万台を突破)。

[発表資料へ]