写真●SAPジャパン新社長に就任する福田譲氏
[画像のクリックで拡大表示]

 SAPジャパンは2014年7月28日、本日付けで、新社長に福田譲バイスプレジデントプロセス営業統括本部統括本部長(写真)が就任すると発表した。

 福田譲氏は、1997年4月にSAPジャパンに入社。プロセス製造業の顧客を担当し、ERP(統合基幹業務システム)導入によるBPR(ビジネス・プロセス・リエンジニアリング)・経営改革・情報化の提案活動に従事してきた。

 2002年4月以降、化学、石油業界の大手顧客担当、中堅・中小顧客担当、食品・消費財・医薬・小売大手顧客担当の営業部長を歴任。2007年に新規製品事業(プラットフォーム製品事業)を統括するバイスプレジデントに就任し、ミドルウエア、ビジネスインテリジェンス(BI)、経営管理ソリューション事業や、SAPが買収したビジネスオブジェクツ社日本法人の統合を指揮してきた。

 2011年から、特定戦略顧客、流通・サービス業、通信・メディア業、プロセス製造業等の営業部門長を歴任した。