写真:Getty Images

第3次AI(人工知能)ブームが巻き起こりあらゆる業種の企業がAIの活用を検討するようになった。既に一部の企業はサービス改革などの成果を出している。だがその裏には多くの失敗が隠れている。過剰な期待を抱き、特性を知らないまま導入しようとしても出口のない「無限ループ」に陥ることになる。AI導入の成功と失敗を分ける境界線はどこにあるのか。先行企業の実例から成功の条件を探る。

竹居 智久、玄 忠雄、田中 陽菜

CONTENTS

出典:日経コンピュータ 2017年12月21日号 pp.24-25
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。