イラスト:Getty Images

データの「コピペ」やWebサイトのチェックなどPCを使った定型作業を自動化する技術「RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)」が急速に普及している。単純な仕事をなくせることから、働き方改革の本命として注目を集めている。働き方改革が至上命題である電通も、全社全部署での導入を決めた。商機を逃がすなと言わんばかりに、海外製のRPAツールが続々と日本に上陸。ツールの導入支援サービスに参入するIT企業やコンサルティング会社も相次ぐ。電通のプロジェクトの全貌とツール選びのポイントや効果的な活用法、導入前後の注意点を見ていく。

西村 崇、玉置 亮太

CONTENTS

出典:日経コンピュータ 2017年11月23日号 pp.22-23
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。