写真:スタジオキャスパー、Getty Images

米中の巨大な配車サービス会社が日本市場を侵攻しつつある。中国の滴滴出行は2017年11月8日に大手の第一交通産業との提携を発表。米ウーバーテクノロジーズもあの手この手で揺さぶりをかける。タクシーが日本に誕生してから105年、既存のタクシー会社は消えてしまうのか。勢いを増す「黒船」に真正面から立ち向かうのが日本交通だ。配車アプリを日本で初公開したのに続き、人工知能(AI)での需要予測にも挑む。日本交通に勝ち目はあるのか。同社のデジタル戦略を探った。

斉藤 壮司

CONTENTS

出典:日経コンピュータ 2017年11月23日号 pp.40-41
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。