イラスト:Getty Images

「悪貨は良貨を駆逐する」というグレシャムの経済法則に従うかのように、インターネットが機能不全に陥りつつある。利用者の集合知を通じてコンテンツやサービスの信頼を維持する性善説の仕組みが崩壊。フェイクニュースやステルスマーケティング、匿名性を悪用した犯罪行為が蔓延し、企業と利用者、あるいは利用者同士が相互不信に陥っている。国内でインターネットの運用が本格的に始まって30年。だました者勝ちの現状を放置すれば、ネットに強く依存する社会全体の信頼が揺らぐ。信頼回復に向けた企業の苦闘を通じて、インターネットの再生計画を示す。

浅川 直輝

CONTENTS