写真:Getty Images

平日は満員電車で通勤し、連休は大渋滞に巻き込まれながら行楽地へ。旅館に行っても満室で食事がなかなか出てこない──。世の中にある様々な「ピーク」が快適な生活を妨げている。かつての日本なら、ピーク解消に向けて電車も道路も働き手も増やせた。だが今の日本は低成長と人口減で、全体の大きな需要増は望めない。もはやピークに合わせて設備や人員、情報システムを増やすのは非合理的。今取るべき手はITを活用してピークを無くす、あるいは抑える「ピークカット」だ。顧客は快適なサービスを享受でき、企業は投資を減らせ、社会全体の損失も減る。「三方よし」のピークカットの方策を示そう。

清嶋 直樹

CONTENTS

出典:日経コンピュータ 2017年10月26日号 pp.24-25
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。