大規模生産者が導入するというイメージが強かった農業IT。クラウドやモバイル、IoTを活用するアグリテックの時代を迎え、農業ITのコモディティー(日用品)化が急速に進む。北海道や神奈川県など、全体の8割を占める全国の中小生産者が使い始めている。

ここからは有料会員の登録が必要です。