仕様変更を前提に必要な機能から繰り返し型で開発するアジャイル開発。受託開発や大規模システム開発は適用が難しいとされるが、やり方次第だ。基幹系のアジャイル開発に初挑戦したチームの事例を取り上げる。元気を取り戻すため、10個以上の見える化ボードを使いこなした。

ここからは有料会員の登録が必要です。