「働き方改革」が日本のいたるところで進もうとしている。だが、掛け声だけで残業が減るほど甘くない。メンバーがどんな負荷の作業をどれだけ持っているか、さらに踏み込んで、業務を誰でもできる形で共有してこそ、残業時間は減っていく

ここからは有料会員の登録が必要です。