写真:Getty Images

東京オリンピック・パラリンピックを迎える2020年、今のままではセキュリティ人材が20万人弱足りなくなる。政府は人材育成を加速させるが、足元でもサイバー攻撃は激しさを増しており、人材育成は企業にとっても喫緊の課題だ。“トップガン人材”の奪い合いから、現場を担うセキュリティ専門家を外部に求めつつ、現場と経営層をつなぐ「橋渡し人材」を防御の軸とする──。企業は人材不足のなかで、脅威を乗り切る現実解を探し始めた。

井上 英明

CONTENTS