写真:amanaImages

アマゾン・エフェクト(効果)―。急ピッチで事業拡大する米アマゾン・ドット・コムの攻勢を受けて同社に客を奪われた企業の業績が落ち込む現象を指す言葉だ。AI(人工知能)やIoT(インターネット・オブ・シングズ)などを駆使して暴れまわるディスラプター(破壊者)に突き動かされる形で、シャープや三菱UFJフィナンシャル・グループ、コマツなどが新たな事業に乗り出した。日本勢に勝ち目はあるのか。ITが急速に進化するディスラプションの時代は盛者必衰。先進ITをうまく取り込めば、だれにも逆転のチャンスはある。

浅川 直輝、玄 忠雄、竹居 智久、玉置 亮太
出典:日経コンピュータ 2018年2月1日号 pp.26-27
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。