写真:Getty Images

企業システムなどの重要なデータを暗号化し、解除のための金銭を要求する「ランサム(身代金)ウエア」。攻撃者はネットの匿名化技術をランサムウエアに組み込む一方で、PC利用者を感染させる手口や金銭を支払わせる手口を巧妙化させている。世界で数百億円の被害をもたらしてきたランサムウエアは今、日本の企業や団体を脅している。攻撃が収まる気配はない。ランサムウエアの脅威の実態と効果的な対策を追った。

高槻 芳、佐藤 雅哉

CONTENTS

出典:日経コンピュータ 2016年11月24日号 pp.24-25
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。