写真:Getty Images

ビジネスの変化に合わせて、システム開発を高速化せよ。こうした要求に応えるべく、多くの企業が開発の高速化に挑んでいる。問題は、開発の高速化だけではニーズに応えきれないことだ。いくら早く開発しても、システムをユーザーが実際に使えなければ意味がない。システムが実際に利用可能になる「リリース」までの期間をいかに短縮するかが問われる。そこで再び浮上したキーワードが「DevOps」。KDDIやキヤノン、ファーストリテイリングといった企業が「 超高速リリース」の実現に向け、DevOpsに取り組み始めた。事例を中心にDevOpsの現在を追う。

八木 玲子、広田 望

CONTENTS

出典:日経コンピュータ 2016年11月10日号 pp.22-23
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。