前回に引き続き、マルウエア感染のインシデント対応で“最後の砦”となる「デジタルフォレンジック(コンピュータ鑑識)」を解説する。その一つのネットワークフォレンジックは何が漏洩したか明らかにする。攻撃者の隠ぺい工作の手口を知って解析を進めたい。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンピュータ」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら