今回も脆弱性を適切に修正する「パッチマネジメント」を解説する。パッチマネジメントは有事に重要だが、平時は地味な作業の積み重ねで、管理者から作業者までのセキュリティ意識が管理品質に直結する。何をどう管理するかを合意し、確認体制を整えて形骸化を防ごう。前回に続き、企業や団体がパッチファイルを適切な頻度や手順で修正するために実施する「パッチマネジメント」を解説します。前回はパッチマネジメントを実施する上での基本的な概念やポイントを紹介しました。今回はパッチマネジメントを安定運用するための課題と解決策を解説します。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンピュータ」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら