米ヒューレット・パッカード・エンタープライズ(HPE)傘下の米アルバは2017年12月15日、多層防御のセキュリティ製品群を体系化したフレームワーク「Aruba 360 Secure Fabric」を日本で提供すると発表した。セキュリティ関連の製品やサービスを提供するパートナー企業と組み、複数のベンダー製品を連携させる。

 Aruba 360 Secure Fabricは、アルバが提供するアプライアンス製品「ClearPass」と、セキュリティ企業のログ監視やファイアウォールなどの製品を連携させる。CLearPassは利用者を認証したり端末情報を管理したりする認証基盤である。

 ネットワーク内のログ監視ソフトなどが異常な挙動を検知すると、ClearPassを使って利用者のアクセス権限を変更し、ネットワークから遮断できる。

アルバのClearPassとファイアウォールの連携イメージの例
[画像のクリックで拡大表示]

 日本ヒューレット・パッカードによればアルバは世界中で100社以上のセキュリティ企業と多層防御の技術検証を進めてきた。日本国内ではカーボン・ブラック・ジャパン、パロアルトネットワークス、マカフィーの3社が既に技術検証に取り組んでいるという。

 同日の発表会で日本ヒューレット・パッカードの吉田仁志社長は「データ量が増大するなか、エッジなどポイントごとでのセキュリティ対策がますます必要になる」と話した。

左から、カーボン・ブラック・ジャパンの西村雅博カントリーマネージャー、マカフィーの山野修社長、日本ヒューレット・パッカードの吉田仁志社長、パロアルトネットワークスのアリイ・ヒロシ会長兼社長、日本ヒューレット・パッカードの田中泰光執行役員
[画像のクリックで拡大表示]