ウフルは2017年10月18日、IoT(インターネット・オブ・シングズ)を使ったシステムの構築支援サービス「enebular(エネブラー)」のエンタープライズ・プランを提供開始すると発表した。コンサルティングサービスとシステムインテグレーション(SI)サービスで構成される。提供開始は2018年1月から。

 enebularはクラウドサービスやゲートウエイ、センサーやカメラなどの開発や運用管理を一元化するサービス。米アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)のIoT向けクラウド「AWS IoT」や、英アームのIoT向けクラウド「mbed Cloud」などが使える。

 OSS(オープンソースソフトウエア)のプログラミングツール「Node-RED」を使っているのも特徴だ。グラフィカル・ユーザー・インタフェース(GUI)でコードを書かずにプログラムを作成できる。

 これまで同社はenebularの一部機能を無償で提供してきたが、コンサルティングとSIサービスを新たにパッケージ化して提供する。

ウフルの園田崇社長 CEO
[画像のクリックで拡大表示]

 「まず製造業や公共機関、自治体などを中心に売り込む」とウフルの園田崇社長 CEO(最高経営責任者)は話す。目標とする導入企業数については明らかにしなかった。

 利用に当たって専用のソフトウエアのインストールライセンス料や月額固定の基本料金などが必要なほか、IoT端末の管理台数に応じた利用料金が発生する。