産業用ロボット大手のファナックは2017年10月3日、工場向けIoT(インターネット・オブ・シングズ)基盤「FIELD system(FANUC Intelligent Edge Link & Drive system)」の国内提供を2017年10月2日に開始したと発表した。

 発表会でファナックの稲葉善治会長兼CEO(最高経営責任者)は「2018年にFIELD systemの顧客を100社獲得する」と目標を述べた。

ファナックの稲葉善治会長兼CEO(最高経営責任者)
[画像のクリックで拡大表示]

 FIELD systemに対し、顧客は工場に設置するメーカーの異なる新旧の設備を接続することができる。設備が出力するデータの一元管理や共有をすることで、生産性の向上を図れる。機械学習によるデータ分析にも対応する。特徴はクラウド側ではなく設備に近いエッジ側での処理を重視する点だ。

 本発表に併せ、同社は4つのアプリケーションの提供を開始した。生産設備が出力するデータの統合的な見える化と分析を行う「iPMA」、生産設備の予防保全を実現する「iZDT」、工作機械の加工時間を高精度に予測する「加工時間予測」、あ作業員の操作権限や操作履歴を管理する「個人認証・履歴管理」だ。

 アプリケーションは「FIELD system アプリケーションストア」からネットワーク経由で購入できる。パートナー登録をすれば、サードパーティの開発者もFIELD systemで動くアプリケーションを開発できる。

 海外展開も見据える。同社は米国、欧州など地域ごとに事業体制を整え、2018年4月から順次販売する。