リクルートライフスタイルは2018年1月30日、スマートフォンやタブレットをPOS(販売時点情報管理)端末として使えるようにするアプリ「Airレジ」に続き、新たに3つのサービスを提供すると発表した。都内で開催した「Airレジ カンファレンス 2018」の基調講演で明らかにした。店舗スタッフのシフト管理ができる「AirSHIFT」、注文の書き取りミスを減らす「AirREGIハンディ」、店舗の経営改善ツール「AirMATE」を2018年春から順次リリースする。

写真●今回発表された新サービス。提供は2018年春より順次行われる
(撮影:林 徹、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 基調講演にはリクルートライフスタイルの大宮英紀ネットビジネス本部 グローバルソリューション事業ユニット長が登壇。「Airレジがスタートしてから4年が経過し、『自分らしいお店づくり』を実現する手段として提供してきた。その結果、31万を超えるアカウントを獲得するにいたった」と現状を説明した。

 さらに大宮氏は、「AirPAY、モバイル決済 for AirREGI、POICHI for Airレジ、レストランボード、AirWAIT、AirRESERVEと付加サービスを提供することで売り上げを伸ばし、あわせて入力の手間やミスを軽減する工夫をするなど価値を高めてきた」とこれまでの歩みを振り返った。その一方で、「店舗を取り巻く業務にはまだ多くの課題がある」(大宮氏)と指摘。一例として店舗マネージャーの業務負担となっている「シフト管理」をあげた。「ある店舗ては1カ月のうち24時間をシフト管理に費やしている。スタッフにそれぞれ希望を聞き、調整し、シフト表を伝えることに多くの時間と苦労がかかっている」(大宮氏)と述べた。

写真●説明を行ったリクルートライフスタイルの大宮英紀ネットビジネス本部 グローバルソリューション事業ユニット長(右)と山口順道Air事業ユニット長
[画像のクリックで拡大表示]